クレベリンG 150g:新型インフルエンザ対策に、クレベリンG

クレベリンG 150g

クレベリンG 150g

クレベリンG 150g

発売元:大幸薬品
価格:2,100円

■商品説明文(ケンコーコムサイトより)

「クレベリンG 150g」は、置いておくだけで持続的に浮遊する、細菌・カビ・ウィルスを除菌し、トイレや生ゴミなどの不快なニオイを消臭します。トイレやおふろなどの除カビ・除菌に最適な、二酸化塩素を使用した消臭剤です。二酸化塩素は次亜塩素酸ナトリウムに比べ、トリハロメタンを発生しにくい特徴を持っています。

クレベリンG 150g 口コミ・感想

クレベリンGは、クレベリンシリーズの中でも最も人気が高く、正に主力商品です。

クレベリンG内容物箱を開けると、クレベリンGの本体、顆粒入り袋、青色キャップ、説明書が入っています。

とりあえず的な感じでミカンを並べてみました。Mサイズのみかんよりも若干直径が大きいです。

さすが150gだと「大容量」という感じでいいですね。

詳しくは説明書にも書いてありますが、まずは本体の白いキャップを外し(中身は液体なのでこぼさないよう注意)、顆粒入り袋を破って本体の中に全量投下します。

粉を投入します

本体の口があまり大きくありませんので、袋を破るときにあまり大きく開けないようにしましょう。上手く斜めに切って小口にすると上手く入れられます。あと、入れるところを写真に撮ろうとするとこぼれます(笑)

少しずつ丁寧に入れないとこぼれないまでも口の内部に付いてしまってうまく液体と混ざらないので注意。

15分待つと、液体と粉が化学反応を起こし(?)、ゲル状になります。ようやく「クレベリンゲル(G)」の出来上がりです。

ゲル状なので倒しても液体がこぼれませんから、小さいお子様がいて倒してしまう事があっても大丈夫ですよ!

あとは青色キャップを閉めればお終いです。

この青色キャップは2重になっていて、外側を回すことで成分の放出量を調整することが出来ます。

部屋の大きさや、クレベリンGの臭い(我が家では全開にしていると若干塩素臭がします)などで調整できるのでとても便利です。

放出量を絞った方が長持ちすると思うので、半開にしておけば有効期間の2ヶ月以上使えそうです。

口を閉めた状態口を開けた状態

私は「クレベリンG 60g」と合わせて、自分の部屋・寝室・リビング・トイレ・玄関に設置していますが、結構イヤな臭いは取れている気がします。

違う臭いでイヤな臭いを上書きする普通の消臭剤や芳香剤よりも効果はあると思いますしインフルエンザ対策になりますから、この時期だけでもクレベリンGを使ってみてはいかがでしょうか!

(主婦・ぴよこ)


※12/8 追記

「クレベリンG」と「クレベリンゲル」の違いについてお問い合わせがありましたので、ケンコーコム様に確認を致しました。

旧パッケージ(白、今回利用したバージョン)と新パッケージ(青)という違いだけで、成分や効果などは全く同じとのことです。

クレベリンG 150g

クレベリンG 150g

発売元:大幸薬品
価格:2,100円

※5月に入って注文が殺到しており、近日中に売り切れる可能性があります。
お早めの購入をお勧めします。