クレベリンG 60g:新型インフルエンザ対策に、クレベリンG

クレベリンG 60g

クレベリンG 60g

クレベリンG 60g

発売元:大幸薬品
価格:1,050円

■商品説明文(ケンコーコムサイトより)

「クレベリンゲル 60g」は、置いておくだけで持続的に浮遊するウイルス・細菌を除去し、カビの生育を抑制し、トイレや生ゴミ等の不快な臭いを消臭する消臭剤です。ゲルタイプ。

クレベリンG 60g 口コミ・感想

クレベリンシリーズの主力商品、クレベリンGの60g版です。

クレベリンG 60g内容物150gタイプ同様、箱の中にはクレベリンGの本体、顆粒入り袋、青色キャップ、説明書が入っています。

「クレベリンG 150g」と並べてみました。大きさも違いますが、持ってみるとはっきりと重さが違います。

ただ、口の大きさは同じで、青色キャップの大きさは共通です。

使用方法も同じで、本体の液体の中に顆粒入り袋を破って本体の中に全量投下します。

粉を投入します

本体の口の大きさは150gと同じです。これ以上小さいと入れづらいので同じサイズで良かったです。

右の写真は、10分ほど経ってほとんどゲル化した状態。

よく見るとわかると思いますが、気をつけて入れても口の内側に顆粒が付いてしまいます。ちゃんとゲル化したので問題ないとは思いますが。

ゲル状なので倒しても液体がこぼれませんから、小さいお子様がいて倒してしまう事があっても大丈夫ですよ!

青色キャップを回して放出量を調整できるのも150gと一緒です。

口の大きさや青色キャップは共通なので、60gサイズでも放出量は変わりませんからリビングなどの広い場所でも使用可能です。(その分有効期間が短くなりますが)

私は家の中で最も狭い、トイレに60gを置いています。

水回りはカビが生えやすかったりしますので、カビにも強いクレベリンGは有効的ですね!

(主婦・ぴよこ)


※12/8 追記

「クレベリンG」と「クレベリンゲル」の違いについてお問い合わせがありましたので、ケンコーコム様に確認を致しました。

旧パッケージ(白、今回利用したバージョン)と新パッケージ(青)という違いだけで、成分や効果などは全く同じとのことです。

クレベリンG 60g

クレベリンG 60g

発売元:大幸薬品
価格:1,050円

※5月に入って注文が殺到しており、近日中に売り切れる可能性があります。
お早めの購入をお勧めします。